温度差の少ない住まいを体感した事がありますか?

温度差の少ない住まい、つまり何処の部屋に行っても温度差が少ない家を体感した事がありますか?

冬は寒いのが当たり前、寒ければ厚着してストーブでもつければいいと思っている方はどの程度いるのでしょうか。ストーブの近くだけは暖かいですが、それ以外は同じ室内であっても寒い、という経験をした方は多いのではないでしょうか。

確かに冬は寒いです。しかし、断熱性能が高く、気密性能も高く、計画的に換気を行えばチョットした熱源でしかもエコロジーに暖かくする事が出来るのです。

それには、新築であってもリフォームであっても大切な事があります。限られた予算で行う場合、優先順位のつけ方を間違えないことです。
住まいとは何か?を家族会議でよく検討する事です。

住まいは家族が安心安全で健康的に生活する事ができる空間です。雨風をしのぐ事は言うまでもありませんが、毎日家族が笑顔で暮らせる事が一番です。

笑顔で暮らせるためには、健康でいる事が大事ですよね。それでは、健康でいるためにはどうすれば良いのでしょうか?

健康でいるためには、自宅の住環境の向上が必須です。断熱性能のが高く温度差の少ない家に住み替えしたあと、健康改善したというデータもでております。

優先順位の話に戻りますが、デザインや大きさより、住まいの性能を最優先して、冬でも何処の部屋に行っても快適な住まい、すなわち断熱性能を最優先する事が大切だと思います。

ハルクホームでは、温度差の少ない家で暮らして、健康寿命が長く快適な生活を送って頂くお手伝いをさせて頂きます。

温度差の少ない家で暮らしたい方は、
体に優しい家づくりのハルクホームにご相談下さい。

写真は内窓取付のご依頼で寸法を測っているところです。

pic20150216172056_1.jpg

関連記事

  1. 餅まきに沢山の方々が駆けつけて下さりました!

施工事例

最近の記事

  1. 義援金
  2. お施主様からの声
  3. I様からのサプライズ!

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP