住宅性能 | 株式会社ハルク

気密・断熱性能を高めて
温度差の少ない家に

住宅性能を考えた家づくり

写真:空と雪景色の画像

断熱材で包み込んだ
魔法瓶みたいな家
だから、あたたかい。

部屋間の温度差や上下の温度差が少ない、
スーパーウォールの家の温熱環境は、建物全体を高性能断熱材で包み込んだ、気密性の高い、魔法瓶のような空間を生み出します。夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現できる理由は、高い気密・断熱性にあるのです。

ハルクホームは
スーパーウォール工法で
「体にやさしい家づくり」を追求。
暮らしの性能が高い家を
丁寧に建てます。

私たちハルクホームは「いい家を、丁寧に建てる」だけでなく「体にやさしい家づくり」にもこだわっています。
それを実現するため、スーパーウォールパネルという強い材料を使い、断熱性・気密性・耐震性・遮音性を向上し暮らしをもっと豊かにする高い住宅性能を標準仕様としています。

家の中の温度差を減らして
快適な暮らしを
可能にする
高気密・高断熱住宅

イラスト:断熱性能を表すイラスト

断熱性能

千葉県の基準値を0.87
大幅にクリアした断熱性能

Ua値0.46

家の中が夏に暑く、冬に寒くなるのは断熱性能が低いことが原因とされています。なぜなら、外の空気の温度は壁や窓を通して家の中まで伝わってくるからです。

断熱性能は「Ua値」として数値化され、これが少ないほど熱の出入りが少なく、外からの熱気や冷気を遮断することができます。

イラスト:断熱性能のピラミッドグラフ
ハルクホームの断熱性能は国が定めた
千葉県の基準値をクリアし、
ZEH基準を超える「HEAT20G2」
標準にしています。
イラスト:気密性能を表したイラスト
一般構造の家
隙間が多いことで室内の
快適温度が保ちにくい
SW工法の家
隙間が少ないことにより
室内の快適温度を保てる

気密性能

家の中の快適温度を保つため
C値0.5以下を
お約束します。

家には見えない隙間があります。隙間が多いと暖房や冷房をつけていても、室内が快適な温度で保たれません。
そのため家づくりでは断熱性と同様に、気密性も重要なポイントとなります。

断熱性能は「Ua値」として数値化され、これが少ないほど熱の出入りが少なく、外からの熱気や冷気を遮断することができます。

気密性を高くすることで、
断熱性がさらに上がり、
温度差の少ない快適な
室内環境になります!

表面温度差
写真:昔の家の表面温度のサーモグラフィー
昔の家(昭和55年基準)
写真:HEAT20 G2の表面温度のサーモグラフィー
HEAT20 G2の場合

エアコンの設定温度を同じにしても、断熱性が低いと窓周辺の温度が上がらず部屋の中に温度差が発生してしまいます。

部屋間温度差
写真:昔の家の部屋間温度差を表すイメージ
昔の家(昭和55年基準)
写真:HEAT20 G2間温度差を表すイメージ
HEAT20 G2の場合

断熱性を高めることで、リビング以外のトイレや浴室の温度差が少なくなり、ヒートショックのリスクが大幅に激減されます。

こんなメリットがあります

  • 気密・断熱性能を高めることで快適な
    温度の室内環境がつくれる
  • 気密が少なく夏涼しく・冬暖かい
    魔法瓶のような空間に
  • ZEH基準より、さらに高い
    HEAT20 G2基準になる
  • 脱衣所やトイレとの温度差が少なくなり
    「ヒートショック」を防ぐ

24時間計画換気システムで
家族みんな健康で
快適な暮らしを実現

写真:空気環境を表す家の内観写真

空気環境

千葉県の基準値を0.87
大幅にクリアした断熱性能

Ua値0.46

外の空気の温度は壁や窓を通して家の中まで伝わってきます。夏は暑く、 冬が寒いのは断熱性能が低いことが原因とされています。

一般構造の家
写真:一般構造の家の空気の流れを説明するイメージ画像
SW工法の家
写真:SW工法の家の空気の流れを説明するイメージ画像

家の中の隙間が大きいとPM2.5(微小粒子状物質)や花粉が室内に侵入したり、壁や窓の隙間が原因で空気の流れにムラが発生して部屋の空気を入れ替えることが出来ず、結果カビ・ダニが繁殖してしまい家族や住まいの健康に害を及ぼしてしまいます。
しかし気密性をしっかり高めていれば、快適な温度・湿度を保ちカビ・ダニの繁殖を抑え、空気の流れがスムーズになり計画換気システムを使うことで空気のよどみを少なくし、常に健康な空気環境を保つことが可能となります。

写真:ECOAIR90を使用した計画換気のしくみイメージ画像

ハルクホームでは、
熱ロスの少ない第1種熱交換型の
ダクト式換気システムECOAIR90を使って
温度・湿度を保ちながら、
効率的な換気を可能にします。

騒音によるストレスを感じない
遮音性に優れた室内環境

写真:優れた遮音性を説明するイメージ画像

音環境

住まいの遮音性を高めて

80dBの騒音を
50dBまで減衰

私達は日々、車、電車、子どものはしゃぐ声、犬の鳴き声、ご近所から聞こえるピアノ音など様々な音に囲まれて生活しています。ときには、このような音をストレスに感じてしまう事もあるでしょう。

そんな騒音によるストレスは住まいの遮音性をしっかり高めておくことで外からの騒音が気にならず、反対に室内からの音漏れも充分に防ぐことができます。

イラスト:高断熱サッシを説明するイメージ画像

優れた遮音性は高気密と高断熱サッシで実現!
音の侵入や音漏れは、主に家の隙間から出入りしてきます。
スーパーウォールで建てた家は高気密施工ですが
さらに遮音性を高めるため、
高断熱サッシと複数ガラスを使うことで外部と内部からの騒音レベルを日常生活で望ましい50dBまで落とすことが可能となります。

モノコック構造で
地震・台風に強い家を
実現可能に

写真:モノコック構造の家のイメージ画像

耐震性

いつ起こるかわからない
地震や台風の災害を防ぐ為のて

耐震等級3の家

地震大国である日本において、家の耐震性はとても重要なポイントです。
ハルクホームは地震に強い設計で、お客様が安心して暮らせる家を丁寧に建てます。

一般的な在来工法(筋かい補強)
写真:一般的な在来工法(筋かい補強)の災害の強さを表す画像
スーパーウォール工法 ✕ モノコック構造
写真:スーパーウォール工法とモノコック構造の災害の強さを表す画像

来工法は柱の中に筋交いを入れて短部を金物で固定することで横からの力に抵抗できる強い壁となります。しかしそれでも充分に地震による災害を防ぐことは難しいでしょう。
より地震や台風の被害に強い家を建てるために、ハルクホームはスーパーウォールを使って、壁・床・天井を一体化し箱型に構成した「モノコック構造」を採用しています。

2000年に国土交通省が定めた住宅性能表示制度の中には耐震等級が1〜3までありますが、ハルクホームが建てる家は等級の中で最も耐震性の高い「耐震等級3」を標準仕様としています。

耐震等級について

イラスト:耐震等級1

耐震等級1

一般の戸建て住宅の
耐震性能

イラスト:耐震等級2

耐震等級2

病院や学校の
耐震性能

イラスト:耐震等級3

耐震等級3

消防署や警察署など
防災の拠点となる建物の
耐震性能

こんなメリットがあります

  • モノコック構造で強い地震にも耐えられる家になり安心して暮らせる
  • 耐震等級3の家は地震保険が割引になる
  • 住宅ローンが大幅に控除されるなど、経済面でも安心できる

ハルクホーム なんかいいな!
と思ったら。

鎌ケ谷市のモデルハウスを見に行きたいのですがとお電話ください

モデルハウスのご予約はコチラから

0120869406

受付時間/9:00〜18:00

モデルハウス見学予約フォーム