住宅ローンの返済比率について|マイホーム資金関連アドバイス

住宅ローン専門のファイナンシャルプランナー 北島です。
先日、銀行の審査が通ったからといって、「審査が通った=無理のないローン返済だ」という事にはならないのですよというお話をさせていただきました。
本日は、そのお話の続きでございます。

繰り返しになりますが、返済比率とは、年収に対するローンの年間返済割合の事です。
民間金融機関の住宅ローン審査の多くが、25パーセント未満の返済比率であれば、審査が通ると言われています。
ちなみにフラット35ですと、年収が400万円以下の場合は30パーセント以下、年収が400万円以上であれば、35パーセント以下と返済比率が決まっています。
つまり、民間金融機関の住宅ローンよりも審査が甘いです。

例えば、年収が800万円の、比較的高年収のご家庭で考えてみましょう。
年収が800万円といいましても、手取りは600万円前後です。(扶養家族数などによって異なる)
月額にしますと、約50万円です。
年収800万円の場合、25パーセントの返済比率の住宅ローンとなると、200万円となります。
月額16万~17万円のローン支払いとなります。

とすると、月額33万円程で生活をするという事になります。
ここから生活費、保険代、教育費、娯楽費、通信費などを捻出し、更に貯金をしていく事を考えると、配偶者とお子様お一人ぐらいでしたら何ら問題が無いかと思いますが、お子様が3人いらっしゃるご家庭や、高齢者がいらっしゃるご家庭などは、生活が厳しい時期が出てくる可能性があります。
つまり、住宅ローンの返済比率が25パーセント未満であれば、生活していけるご家庭もあれば、25パーセント未満だとしても、家族が多く、生活していけないというご家庭もある。
要するに家庭環境や生活スタイルによって、生活していけるかどうかは違うのです。

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 餅まき日和の天候でした♪
  2. 義援金
  3. お施主様からの声

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP