ゼロエネルギー住宅、基礎工事始まりました。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

先日、砕石地盤改良工事を行いましたA様邸、基礎工事が始まりました。

砕石地盤改良工事の実況はこちら

 

先ずは、遣り方。

建物の壁の位置や高さの基準となる仮設物です。

水糸の交差部が建物の角になります。

配置図の寸法通りになっているか、この時点で確認します。

水糸に沿って地盤面に掘削ラインの目印をつけます。

水糸を張ったまま掘削すると、重機に水糸が引っかかってしまうため、

このように地盤面に目印をします。

掘削の開始です。

掘削後、このように水糸を張って通りを確認します。

レベルや水糸で高さを確認しながら、根伐床を確認していきます。

掘削完了、砕石敷込・転圧前の状況です。

砕石地業完了・防湿シートを敷込。

捨てコンクリート打設中。

捨てコンクリートの高さもレベルで要所要所を確認しながら打設します。

コンクリート打設完了、コテで押えて終了です。

次回、配筋~耐圧コンクリート編です。

 

鎌ケ谷で高気密・高断熱の高性能住宅をお考えなら、ハルクまでご相談ください。

 

 

 

 

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 上棟餅まきの際に使用する紅白餅

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP