住宅ローンの返済比率について|株式会社ハルク

住宅ローン専門のファイナンシャルプランナー 北島です。
皆さんは返済比率という言葉をご存知でしょうか?
返済比率とは、年収に対するローンの年間返済割合の事です。
銀行によってもちろん審査基準が異なりますが、一般的には民間金融機関の住宅ローン審査の場合、25パーセント未満の返済比率であれば、審査が通ると言われています。

でもちょっと待ってください!
借り手側の方のご様子を見ていると、この審査基準を「住宅ローンの返済比率が25パーセント未満であれば、生活していける」という過大解釈をしてしまっている方がいるように感じます。
特に若い方にこの傾向が見られます。
この返済比率に関してはあくまでも銀行の審査基準。
「審査が通った=無理のないローン返済だ」という事にはなりません。

勘違いしてはいけないのは、「返済比率とは、年収に対するローンの年間返済割合の事」です。
つまり、住宅ローンだけの話をしているのではありません。
他のローンも全て含めての返済比率です。
これはすなわちどういうことかと申しますと、マイホームを購入する時は、何もローンがなく、返済比率が25パーセントピッタリでローン審査が通ったとしましょう。
でもマイホーム購入後、自家用車をローンで購入したり、カードローンを使ったりした場合、当たり前ですが年間返済割合は上がっていきます。
そうなると自ずと、ローン負担が増えていますから、生活が苦しくなるはずです。

関連記事

  1. 産業フェスティバル

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK
  2. 夜の外観

最近の記事

  1. お施主様からの声
  2. I様からのサプライズ!
  3. 産業フェスティバル

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP