サーモグラフィー基礎セミナー

鎌ケ谷のZEHビルダー、ハルクの佐々木です。

 

本日は、サーモグラフィーの基礎セミナーを受講してきました。

視察、講習会、セミナーなどと、ここのところ出突っ張りですが、

知識を得て、よりよいご提案が出来る様になる事を目的で行動しています。

 

さて、本日のサーモグラフィーのセミナーです。

サーモグラフィーカメラは様々な分野で使われております。

建築関係・ビル管理関係・電気関係など様々です。

その中でも約6割が電気診断で使われているとの事でした。

 

最近では、ドローンにサーモグラフィーを搭載して、遠隔で熱画像を撮影できるそうです。

すごい時代ですよね。

ただし、2015年に航空法により、地上150M以下での操作に限り、

また人口密集地や空港近くはNGという事です。

 

ハルクでは、この熱画像写真は、気密性や断熱性を見える化するために使用したり、

ある部分の数値計測や温度の相対比較に使用します。

 

セミナーでは、赤外線の基礎知識から学ばせて頂きました。

赤外線は温度が高いほど多く発して、温度が低いほど少なく発するらしく、

絶対零度より温度が高いものは全て赤外線を発するとの事です。

絶対零度といわれても難しいですが・・・。

 

赤外線サーモグラフィーで出来る事と出来ない事としては、

先ずはできる事、

離れたところからの作業が可能になり、直接触れたりしないので危険を回避することが出来たり、

対象物の温度の比較が出来る。

出来ない事として、

ガラスやアクリル板を通しては、基本的には見えない。

 

サーモグラフィーは対象物からの放射熱を測定しますが、

正確に測定できない素材としては、金属などの光沢がある素材で反射率が高いものです。

光沢があると対象物以外のものが映りこんでしまい、正確な温度が測ることが難しくなります。

 

表面がザラザラしているもの放射率が高く(測定しやすい)、

放射率の低いものは反射率の影響を受けやすいらしいです。

 

おさらいして、スタッフにシェアして、

みんながスキルアップ出来るようにしたいと思います。

 

鎌ケ谷・船橋で高断熱・高気密の体にやさしい家づくりなら、

ハルクまでご相談ください!

関連記事

  1. 地鎮祭
  2. 構造内覧会

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP