遮熱で熱中症対策

住まいの快適さは断熱性能によって決まります。

夜になっても室内に熱気がこもっていて寝苦しい、
そんな経験はありませんか?


夜になると、外は涼しいけど室内は熱気がこもっていて、エアコンをつけないと寝苦しい。それは日中、夏の強い日差しを受けて、壁や天井などに吸収した熱の影響によるものです。特に西日の当たる部屋は断熱対策が必要になります。

外からの熱の対策としては窓ガラスの性能を良くすることが効果的です。夏場、外から流入してくる熱は屋根、外壁、窓などの開口部を通して入ってきます。その中でも、窓などの開口部からの侵入は73%もあるからです。

窓など開口部の日射遮蔽と断熱性を高めることが重要。外からの熱の侵入を防ぐ対策として、窓の外側にシェードなどを使用して日射を遮る事や東西の窓ガラスは遮熱ガラスにすることが効果的です。室内の温度を上げることを抑え、エアコンの負荷も和らげ効率も良くなります。

お年寄りになると気温に対して鈍感になりやすく熱中症にかかりやすいと言われております。また、のどの渇きを感じる事が少ないため水分不足になりがちになる事も熱中症にかかる原因らしいです。
猛暑到来前に、住まいの対策として事前に窓ガラスなど遮熱性の高いガラスにするか、窓の外で日よけを設けるなどの対策をおススメします。

住宅環境が健康・長寿に大きく影響している事をご存知ですか?

『暮らしから始める健康セミナーIN鎌ケ谷』
6月17日(水) 14:00~16:00
会場:新鎌ケ谷Fタワー 10階会議室
主催:ちば健康・省エネ住宅推進協議会
一般社団法人 健康・省エネ住宅を推進する国民会議
後援:鎌ケ谷市、エコ窓普及促進会

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 地鎮祭祭壇
  2. 重要書類のご説明をさせていただきました
  3. 完成内覧会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP