床暖房のメリットデメリット[船橋のハルクホーム]

大掛かりなリノベーションや新築の際、床暖房を検討されるお客様がいます。
大体のお客様が、リビング・ダイニングそしてキッチンエリアの導入を検討されるようです。

【後でやろうは大変です!】

床暖房は、もしリフォームでやろうとすると、大掛かりな作業になってしまうため、家具をすべて移動させなければならないなど、家主さんも大変な思いをします。
床暖房の導入を考えるのであれば、新築およびリノベーションの時が、一番理想的です。

【床暖房の種類】

床暖房には電気式と、温水式があります。
また熱源も、電気とガスがございます。
熱源に関しては、オール電化住宅の場合は電気ですが、それ以外の場合は、どちらでも構わないと思います。
個人的な感覚ですが、私は温水式の床暖房の方が、感覚が心地よくておすすめしています。

【床暖房のメリット】

エアコンなどと異なり、ほこりやハウスダストが舞い上がらりづらいという特徴があります。
また、石油ファンヒーターなどと比較すると、安全性が高く、じわっと足元から温まる感覚が優しくて好まれています。

【床暖房のデメリット】

エアコンやファンヒーターと比較すると、温まるまでに時間がかかります。
ですので長時間、自宅のリビングで過ごされる方にはおすすめですが、外でお仕事をされていて、限られた時間しかリビングにいないという方などには向いていないかもしれません。
また、無垢素材の床には、床暖房自体がNGの素材もあります。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK
  2. 夜の外観

最近の記事

  1. 構造内覧会開催しました!
  2. 上棟餅まき
  3. クリスマスリース作り

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP