船橋で建築中の長期優良住宅の家、上棟編

鎌ケ谷で体にやさしい家づくり工務店ハルクホームです。

 

船橋で建築中の長期優良住宅の家、現場実況ブログです。

今回は、3月25日の『上棟編』。

前日までに土台敷き、足場架け、1階分の構造材の荷受けを済ませ当日を迎えました。

そして、上棟日当日は1階柱を建てるところからスタート。

柱には『い』、『ろ』、『は』や『一』、『二』、『三』などと番付が書かれており、その番付にそって建て込んでいきます。

 

1階部分の柱の建て込みが終わると、続いては2階の床梁を1階の柱に架けていきます。

2階梁の下面には柱が差し込まれるように穴の加工が施されており、

下にいる人は柱を穴に合わせて、上の人と呼吸合を合わせながら梁を組み上げます。

 

これは、重そうな梁ですね。

この梁、梁成が45センチもありますから、人力ではかなり難しいでしょうね。

機械の有難みを実感。

 

こんな感じで梁の上面をかけやで叩き、柱と梁を組んでいきます。

 

梁と梁とをつなぐ材を組み上げていくと、足元が安定します。

梁材を担いで小運搬もしてしまうほど。

 

2階の床組が終わると、歪みを確認。

各箇所で柱の垂直を確認しながら、仮筋違で固定をしていきます。

 

歪みの確認が終わると、梁と梁を金物で固定していきます。

手分けをしながら、穴加工された梁材にボルトを通して緊結。

 

ボルトでの緊結が終わると構造用合板を固定。

プレカットされた28㎜の構造用合板を図面通りに並べて、釘で固定します。

足元が良くなって、これで作業効率があがってきます。

 

構造用合板の固定が終わってたところから、片面粘着の床養生用シートを施工。

シワシワにならないように水かき用のスクレーパーでシワのばし。

 

足元が良くなって、2階の柱を建て込み、小屋梁組。

奥から順次組み上げていきます。

2階の床面から写真を撮るとこんな感じで見えます。

 

足場の上から写真を撮るとこんな感じです。

 

小屋組みまでくると、まわりの景色もかわってきますね。

 

道路側の梁組を施工中。

 

 

2階柱の歪みを確認して、ボルトで緊結。

 

小屋の束を建て、母屋、棟木と施工。

残りあと少し。

 

おめでとうございます!

『上棟』

棟木に幣束を固定。

 

A様、上棟おめでとうございます!

この後、上棟式を行いました。

上棟式の様子は、後日のスタッフブログでお伝えしますので、お楽しみに!!

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 地鎮祭祭壇
  2. 重要書類のご説明をさせていただきました
  3. 完成内覧会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP