長期優良住宅の家、基礎配筋~耐圧コンクリート打設。

高気密・高断熱の家づくり、鎌ヶ谷のハルクです。

 

先日、捨てコンクリートを打設しました、松戸市で建築中の長期優良住宅の家、配筋工事です。

捨てコンクリート編はこちら

 

捨てコンクリートの上に墨出しを行い、基礎の外側となる箇所に鋼製の型枠を建て込みます。

型枠の建て込みが完了すると、基礎配筋工事の着手です。

基礎配筋が完了すると、設備のスリーブを施工します。

人通口となる部分は立上りの配筋が途絶えるため、

基礎の外周部だけではなく、基礎の中通りも耐圧部分を掘り下げて、配筋を行います。

一般的にベタ基礎と呼ばれている配筋と比べ、基礎の立ち上がり下端の部分の鉄筋量が多いのが、

写真でもわかるかと思います。

弱弱しい配筋とは異なって、安心感のある配筋です。

見えなくなってしまう部分ですが、住む方の安心安全には欠かせません。

安心感のある配筋をいつまでも眺めていたいところですが、

工程を進めなければなりません。

名残惜しいですが、耐圧コンクリートの打設です。

コンクリートをポンプ車で圧送して打設を行い、

密なコンクリートに仕上がるようにバイブレーターをかけます。

コンクリート打設が完了するとコテで均して平滑にします。

耐圧コンクリートの完了です。

次回は、基礎工事完了編です。

 

体にやさしい家づくりをお考なら、鎌ケ谷のハルクまでご相談ください。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP