鎌ケ谷で建築中の長期優良住宅の家、立上りコンクリート打設。

鎌ケ谷のZEH(ゼッチ)ビルダー、ハルクです。

 

鎌ケ谷で建築中のS様邸、現場実況ブログです。

前回のブログはこちら

 

今回は、立上り基礎の実況です。

先ずは、立上り基礎部分の型枠を固定していきます。

糸を貼って基礎の通りを見ながら基礎型枠を建て込んでいきます。

形成する基礎の形状や長さに合わせて、コーナー用と一般用の基礎型枠を使い分けます。

基礎型枠が完了したら、型枠にコンクリートを流し込みます。

密なコンクリートを形成するために、バイブレーターを活用。

コンクリートの打設が完了しました。

この後、レベラーを施工してしばらくの間、養生期間に入ります。

養生期間終了後は、玄関ポーチのコンクリートと玄関土間のコンクリートを打設して、

基礎工事が完了となります。

その後は、土台施工、先行足場、上棟と続いていきます。

それでは。

 

鎌ケ谷・船橋で地震に強く、体にやさしい家づくりなら、

ハルクまでご相談ください。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. ワークショップ「キッズキャンドル作り」
  2. 家づくり教室ハルク版

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP