窓をリフォームしてあったか我が家って?

毎年、外からの冷気や結露に悩まされているご家庭が多いようです。
今年の冬こそ、リフォームで寒さや結露を緩和しませんか?
断熱リフォームにはいろいろな方法がありますが、今日は、その中でも一番簡単にできる窓のリフォームについて、ご紹介していきます。

窓は、せっかく暖房で温めた熱を、外に排出してしまう一番の原因となる場所です。
また、外からの冷気を取り入れてしまう場所でもあります。
すなわち窓の断熱は、温かい我が家を実現するためにも、ひどい結露を防ぐためにも重要です。

おすすめなのは、内窓を付ける事。
ペアガラスも効果ありと一昔前は言っていましたが、正直、効果は薄いです。
それよりも内窓を付けたほうが、断熱性能は格段に上がります。
窓の内枠が7センチぐらいあれば、内窓を付けることが可能です。
それ以下のご家庭も、ふかし枠を付ける事が出来れば、内窓の設置は可能ですので、まずは株式会社ハルクへご相談ください。
また、今ついている窓のクレセント(鍵)のレバーの長さもチェックしないといけません。レバーが長いものですと、クレセントを交換しないと内窓を取り付けられないケースがあります。
こちらに関しましても、現場調査をさせていただきますので、ご安心ください!

関連記事

  1. 構造内覧会

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 義援金
  2. お施主様からの声
  3. I様からのサプライズ!

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP