ユニバーサルデザイン

みなさま、こんばんはmoon3

昨日・今日と少し暖かいですね。そう感じるのはえみさんだけ?

いや、朝散歩でも汗ばんじゃいますから、暖かいはず

明日はちょっとお天気が崩れるそうですが、

明後日はまた回復すると朝のtvで見ました。

自転車通勤で頑張っているえみさんにとって

お天気は重大です。

なら自転車に甘えず、歩こう!と思えるので

プラス面もあるのですが。

ところで!

ユニバーサルデザインとはご存知ですか!?

clover

10年ほど前から叫ばれているバリアフリーと似ているのですが、

バリアフリーとは

『高齢者や身体障害者に対して様々な配慮がされていること』

に対して

ユニバーサルデザインとは

『高齢者や身体障害者を含む、全ての人に優しい環境を作る設計の考え方』

なのです

では、何歳からが高齢者なのでしょうか?

『年齢65歳以上の人のこと』なのですねぇ~。

今の時代の65歳ってかなり若いですよね!?

とても高齢者とはいえない方がたくさんいらっしゃいます

高齢者人口が全国民の7%以上だと『高齢化社会』

14%以上だと『超高齢化社会』ですので、

20%を超えてる今は『超高齢化社会』ですね。

20年後は30%を超えると言われているので、

えみさん達の老後は3割がお年寄りですcoldsweats02

年金で食べていけるかわからないので

お子様が自立したらその分を老後の蓄えに当てないといけませんbearing

いきなりFP的な話題にそれてしまいましたが(笑)

高齢者に優しい設計には、介護しやすい間取りを設計しなくてはいけません。

『介護保険法』というのがあり、

被保険者の第一号は65歳以上、第二号は40歳以上65歳未満が対象です。

高齢者介護を社会全体で支え、介護に関わる福祉と医療の効率化を図ることを目指す法律で、

住宅改修費の支給もありますのでお気軽にご相談くださいね。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. お施主様からの声
  2. I様からのサプライズ!
  3. 産業フェスティバル

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP