知っていれば得して知らないと損する時限優遇、スタッフブログ

船橋、鎌ヶ谷で注文住宅を建てる小さな工務店、

ハルクホームの佐々木ですpaper

今日は今年一番の暑さだったのではないでしょうかcoldsweats02

炎天下で仕事をしていた基礎屋さん、大変だったと思います。

体調管理に気をつけないと大変な事になってしまいますね。

さて、本日は税制優遇の話を少し。

優遇もいつまでも続く訳ではないから、タイミングが肝心です。

税制優遇の中でも贈与税の話をしたいと思います。

住宅取得等資金の贈与非課税の特例』という制度があります。

これは、親などから住宅取得資金の贈与を受けた場合に、

一定額まで非課税となります。

気になる非課税枠は、

一般的な住宅ですと、最大700万円sign01

一定基準を満たす省エネ住宅や耐震住宅は最大1200万円sign01

この非課税枠の期間は、

枠は年々減少となりますが、

平成26年12月31日までの贈与に適用されます。

建物の引渡が、

贈与を受けた年の翌年3月15日までに完了が条件です

具体的には贈与者や授贈者、

対象となる住宅の要件等があります。

詳しい資料を差し上げますので、こちらからご請求下さい。

次回は『相続時精算課税選択の特例』という制度をお話しします

関連記事

  1. LIXIL製引き戸の玄関ドア通風タイプ

施工事例

最近の記事

  1. 餅まき日和の天候でした♪
  2. 義援金
  3. お施主様からの声

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP