安心安全と楽に出入りしたい。

鎌ケ谷で性能向上リフォームを手がける工務店、ハルクです。

 

先日、鎌ケ谷にお住まいのOB様よりご相談を承り、ご自宅へ伺ってきました。

足を悪くしてしまい浴槽の出入りが大変になってしまったため、

楽に出入り出来るように改造をしたいという内容でした。

 

現在お使いの浴槽を拝見すると、昔ながらの和式タイプで深さが約60cmあります。

60㎝というと、階段3段分に匹敵する高さですので、決して楽ではありません。

現在主流になっているのが、浴槽深さが約45㎝程度の和洋折衷式タイプ。

比較すると、たかが15㎝ですが、使う方にとってはとても大きな15㎝になりますので、

先ずは、洗い場の床の嵩上げと共に浴槽の変更をご提案させて頂きました。

 

浴槽の深さも重要な要素ですが、同等に手摺も重要になります。

手摺もヨコとタテを使い分けて、使いやすい高さと位置を考慮して、

壁面に取付けなければなりません。

 

お使いになる方の身長によっても異なりますし、その方の体力、

握力によっても握りの太さを考慮しなければなりません。

 

一口でリフォームといっても、かなり奥深いものです。

水廻りなどのパック商品と聞くと、お得感を感じてしまうかもしれませんが、

自分たちに合った、自分たちらしい物を選んで、

本当に必要とする本質的なものを選択してほしいと思います。

 

ハルクでは、段差解消などのバリアフリーのご提案から、

断熱性能の向上させる事により温度のバリアフリーもご提案致します。

 

わが家は暑い、寒いとお悩みの方は、ハルクまでご相談ください。

関連記事

  1. 上棟式、四方祓いの様子

施工事例

最近の記事

  1. 新作フェイクグリーン
  2. 自宅からiPadで参加しました
  3. 上棟式
  4. 室内に日差しを入れない「シェード」

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP