船橋市A様邸、上棟後木工事編

鎌ケ谷で高耐震・高断熱・高気密住宅を手がける工務店ハルクホームです。

 

先日上棟しました船橋市A様邸、上棟後の木工事を現場実況していきます。

先ずは、屋根垂木施工前に、小屋断熱パネルを小屋梁上に固定。

割り付けされた100㎜厚の硬質ウレタン製断熱材を小屋束の部分を切り取り、梁上に固定します。

この小屋断熱パネル部分が外皮となり、気密ラインとなります。この施工如何により気密性能が変わりますので、ちょっとした隙間も見逃しません。

 

小屋断熱パネルの固定が終わると、小屋筋違の施工。

束の垂直を確認しながら固定していきます。

 

小屋筋違の施工が終わると隅木、垂木施工となります。

写真は屋根垂木の施工中。

鼻先がきれい揃った垂木が美しいです。

 

屋根勾配が6寸になるとなかなかの勾配です。

 

屋根垂木が完了後、野地板施工です。

写真は、野地板の開口をしてトップライトの取付中です。

 

外壁パネル部には、制震テープを施工。

耐震等級3+制震の構造で、繰り返しの地震にも耐える事が出来ます。

見えなくなる所ですが、安心安全には欠かせません。

 

 制震テープの取付が終わると、パネルの取付です。

 

高性能パネルの取付状況です。

高耐震、高断熱、高気密の優れものです。

次回、現場実況ブログは屋根工事をお伝えしますね。

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 上棟餅まきの際に使用する紅白餅

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP