船橋で『長期優良住宅建築中の家』、基礎工事施工

鎌ケ谷で高耐震・高断熱・高気密住宅を手がける工務店ハルクホームです。

 

船橋で建築中の長期優良住宅の建物、現場実況です。

前回の実況ブログでは、配管スリーブまでをお伝えしましたが、

今回は、配筋検査が完了して耐圧コンクリート打設からの実況となります!

 

道路面より建物奥側からコンクリートを打設していき、バイブレーターで振動を与えていきます。

バイブレーターで振動を与えることにより、コンクリート内部の気泡を取り除き密度を高めます。

骨材が均等に分布して強度の強いコンクリートをつくります。

下の写真はタンピング作業です。

このタンピング作業をすることよりコンクリートスラブ面の加圧を行って、

不要な空気や水を強制的に追い出しコンクリートを密にします。

奥側から順に道路面に向かって打設してきました。

あともう少しです。

打設、バイブレーター、タンピングの順で施工中

トンボで均した後は、コテ押さえ。

~数日後~

建物外周部の基礎型枠の返し面と建物内部の基礎型枠を施工後、

立上りコンクリート打設です。

アンカーボルトを所定の高さと位置に固定後、ポンプ車を使ってコンクリート打設です。

耐圧コンクリート打設と同様に、バイブレーターを使って密なコンクリートにしあげます。

立上りコンクリート打設後は、基礎の天端にレベラーで均していきます。

レベラーとは、基礎の上に土台が平らに座るようにするために行います。

 

次回は、完成した基礎からの現場実況をお伝えします。

 

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. オンライン相談会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP