青い屋根の【長期優良住宅】基礎工事着工編

鎌ケ谷で地震に強い家づくりのハルクホームです。

 

青い屋根の長期優良住宅、基礎工事現場実況です。

地盤調査も終わり、直接基礎判定も出ましたので掘削工事に入りました。

必要な根入れを確保した後、砕石を敷き込み転圧。

そして、防湿シートを敷き込んで捨てコンクリートを打設。

捨てコンクリート打設後はこちら↓

捨てコンクリート打設翌日はこちら↓ほぼ同じアングルで撮影

捨てコンクリートの上に墨出しを行い、墨出しにそって外回りの鉄筋から組んでいきます。

施工中を近景で撮影!

遠景での撮影!

外回りの鉄筋を組んでからは耐圧盤となる床の部分を所定の間隔で鉄筋を組みます。

コンクリートのかぶり厚を確保するためにスペーサを入れていきます。

立ち上がりの配筋が終わると、設備のスリーブ入れです。

建物の内と外を結ぶための配管を基礎に埋設します。

これで配筋検査を受ける準備が整いました。

後は、配筋検査を受けてから耐圧コンクリートを打設します。

今回は、基礎工事の掘削~配筋工事編でした。

 

耐震等級3+制震住宅を建てるなら、鎌ケ谷のハルクホームまでご連絡ください!

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 新作フェイクグリーン
  2. 自宅からiPadで参加しました
  3. 上棟式
  4. 室内に日差しを入れない「シェード」

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP