鎌ケ谷市N様邸上棟後木工事編

鎌ケ谷で高耐震・高断熱・高気密の住宅を手がける工務店ハルクホームです。

 

先日上棟しました、鎌ケ谷市認定低炭素住宅の上棟後工事編をお伝えします。

下の写真は、2階の耐震断熱パネルを取付けるところです。

プレカットされた高性能パネルを取り付け場所まで運び、

柱面に制震テープを取付けてからこの高性能パネルを固定します。

1階では、高性能パネルが固定される前に土台や柱面に防蟻処理を行ないます。

体にやさしいホウ酸系の防蟻材を塗布、見えないところも安心安全です。

下屋部分の屋根垂木を施工中。

屋根垂木施工前には、断熱小屋パネルを施工します。

下に見える銀色のものが小屋断熱パネルです。この部分で断熱と気密を確保。

屋根垂木と野地板施工が終わり、屋根の下地ルーフィング施工です。

下地ルーフィング施工が終わり、瓦桟を施工。

洋瓦葺きのため、瓦を引っ掛ける桟を一定間隔に固定していきます。

瑕疵担保保険の構造体権です。

時間をかけてしっかりと確認してもらいます。

構造体検査が終わり、外壁面には透湿防水シートを施工。

下から順次上に向かって施工していきます。このシートの貼り、簡単そうで簡単ではないんです。

透湿防水シートの施工が終わると、瑕疵担保保険の外装下地検査を受けます。

雨水の侵入などが生じないかをしっかりと確認してもらいます。

外装の下地検査が終わると外装の仕上げ工程に入っていきます。

次回は、換気工事や気密測定の状況などをお伝えしますね。

お楽しみに!!

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 義援金
  2. お施主様からの声
  3. I様からのサプライズ!

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP