子育て世代のスタイリッシュガルバの家、気密測定完了。

『愛着』×『性能』の家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

松戸市六高台で建築中のスタイリッシュガルバの家、現場実況です。

今回は外装下地、設備工事、気密測定編です。

 

屋根野地板の上にルーフィングの施工中。

続けて、ガルバ鋼板のタテヒラ葺きを施工。

インナーバルコニーでは、FRP防水を施工中。

トップコート残しで防水工事ひとまず終了。

外壁面に透湿防水シートを施工中。

外周面の基礎の立ち上がりと耐圧面に断熱材を施工。

システムバス下は断熱材を全面施工。

設備屋さんがPS内に配管施工中。

電気屋さんが換気ダクトの貫通部を穴明け中。

高性能住宅には欠かせない、全熱交換器型の換気扇取付け後。

外壁の貫通部処理後、気密測定を行い、

すべての隙間の合計が4.9㎝角しかない高気密な結果でした。

 

最高等級3の耐震性、高気密・高断熱による温度差の少ない住まいづくりなら、

鎌ケ谷のハルクまでご相談ください!

 

 

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. アニマルハンギング
  2. オンライン相談会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP