柏市N様邸、基礎工事完了しました。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

柏市手賀の杜で建築中のゼロエネルギー住宅、基礎工事完了しました。

前回の配筋検査完了編はこちら

 

耐圧コンクリート打設後、立上りコンクリート打設用の型枠を施工。

続いて、土台と緊結するためのアンカーボルトを治具を用いて、図面通りに固定します。

上から見たアンカーボルトの固定状況。

土台を固定するアンカーボルトは基礎の中心部で、ホールダウン用のアンカーボルトは少し室内側に固定します。

西側の面もこのような感じです。

基礎が真っ直ぐ通るように赤い糸で通りを確認します。

黄色の樹脂材は、立上り基礎の天端の目印です。

型枠が外れ、頑強な基礎の完成です。

次回は外部配管、土台工事など上棟前をお伝えします。

 

最高等級3の耐震性+制震で地震に強く、高気密・高断熱で温度差の少ない高性能住宅をご検討なら、

鎌ケ谷のハルクまでご相談ください!

 

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 定期的に開催するワークショップ「お正月アレンジ」の様子

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP