柏市手賀の杜の家、配筋検査完了しました。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

柏市手賀の杜で建築中のゼロエネルギー住宅の家、配筋検査完了です。

前回の基礎工事着手編はこちら

 

瑕疵担保保険の配筋検査を受ける前に自主検査。

下の写真は開口部の補強筋ですが、鉄筋の太さと量をご覧ください。

『太い、多い』と思われると思います。

理由としては、プランの柱間隔が広いためと耐震等級3の基礎構造だからです。

一般的な住宅の場合ですと、これほど頑強な基礎構造にはなりません。

ハルクの家は住む人の安心安全を考え、全棟耐震等級3+制震です。

要所要所を確認後は、配筋の全景写真↓

瑕疵担保保険の配筋検査中です。

指摘事項もなく完了。

耐圧コンクリート打設準備中です。

生コンをポンプ車で圧送して、先ほどの配筋されていた部分にコンクリートを打設します。

耐圧コンクリート打設開始です。

バイブレーターを用いて、コンクリートを締固めします。

耐圧コンクリート打設完了です。

次回は基礎工事完了編です。

 

高耐震・高気密・高断熱の高性能住宅をご検討なら、鎌ケ谷のハルクまでご相談ください。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK
  2. 夜の外観

最近の記事

  1. お客様からの直筆レビュー
  2. 「絶対見るべき!」と推奨する構造内覧会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP