和モダンな家、建て方1日目。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

鎌ケ谷市富岡で建築中の和モダンな家、ゼロエネルギー住宅の建て方1日目です。

前日に上棟材を荷受け済のため、朝から建て方開始です。

い・ろ・は・・・と番付・印字され、ホゾ加工された柱を、

同じようにい・ろ・は・・・と番付・印字され、ホゾ穴加工された土台に固定していきます。

続いては、ホゾ加工された柱上部とホゾ穴加工された梁材を固定します。

2階梁がマス目状に組みあがりました。

写真右上のマス目になっていないところは、吹抜けとなる部分です。

2階梁が組みあがり、2階床面に構造用合板を固定する前に各箇所で柱の垂直面を確認します。

柱の垂直を確認してから、28㎜の構造用合板を2階梁上で固定し、水平構面を固定します。

1階柱同様、2階柱も建てた後、小屋梁と2階柱を固定していきます。

段々眺めが良くなってきましたね。

小屋梁が組みあがると、続いては小屋張り上部に断熱材を固定します。

銀色のものが、硬質ウレタン製の高性能断熱材です。

ここが外部との断熱と気密のラインとなる重要な部分です。

見えなくなってしまう部分ですが、

小屋束廻りの断熱補修、断熱材同士や断熱材と木部との取り合いの気密処理が建物の性能を左右します。

1日目は小屋断熱材施工までで終了しました。

次回は2回目です。

最高等級3の耐震性、住む人と環境にやさしいゼロエネルギー住宅なら、鎌ケ谷のハルクまでご相談ください!

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 上棟餅まきの際に使用する紅白餅

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP