パーソナルカラー診断♪

今日は私が所属している団体、インテリア産業協会のセミナーに参加してきました。

以前から興味のあった『パーソナルカラー診断』です。

インテリアカラーは今までも勉強してきましたが、パーソナルカラーは縁がなく、自分で本を買ってみたりしたけど、いまいちピンと来なくて遠ざかっていました。

パーソナルカラーとは、人の眼・肌・髪の色に似合う色のことで、似合う色を身につけると顔色がよく見え活き活きとした印象になり、似合わない色を身につけると顔色が悪く見え元気がなく疲れた印象に見えてしまう色です。

今日は診断を受けられるということで、とても楽しみに行ってきました♪

診断結果は4種類に分けられます。

☆Bright Spring 春
☆Pastel Summer 夏
☆Deep Autumn 秋
☆Brilliant Winter 冬

↑の4種類に振り分けられます。
講師の方が布を当てて顔色と比較しながら診断していきます。

自分の好きな色と似合う色は違うようで、診断は楽しみでもあり、好みの色が似合わない色だったら…と少し怖い気もしました。

私の診断結果は『Pastel Summer 夏』でした。
どうやら私はソフトで穏やかな印象だそうで?(ホントですか?)
グレイッシュな落ち着いた色が似合うそうです。
グレイッシュは昔から好きで、5年以上前に受けたセミナーで、好きな色を聞かれた時にピンクグレーのカードを選んだら、『こんな汚い色が好きだなんて珍しいわね』とその時の講師から言われた記憶があります。
でも今、ピンクやブルーのグレイッシュ、メッチャ流行ってますよね。

私はPastel Summer 夏とだけ言われましたが、人によっては夏と冬の中間ぐらいが良いとか、そんな方は夏の色でも濃い目の色が似合うとか、春と夏の中間と言われた方はちょっと薄めの色にした方が良いとか、人によって色々ありました。
今日、色んな人の診断を目の当たりにするまで、色白の人は皆同じ色になるのでは?なんて思ったりしていましたが、見事に覆させられました。

この診断は、服やお花のアレンジメントやインテリアにも応用できますので、もっと勉強してみたいと思います!
自分に似合う色がわかれば洋服の断捨離に役立ちますよね♪

私も似合わない色の服は全部、早速処分しようと思います!

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 上棟餅まきの際に使用する紅白餅

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP