基礎完了と土台施工。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

鎌ケ谷市富岡で建築中のゼロエネルギー住宅、立上りコンクリート打設完了~土台施工編。

コンクリート打設後、天端レベラー完了時の写真です。

鋼製型枠取り外し後の出来形。

基礎立上りの中央辺りに青く見える部分は、床下の空気が回りやすいように設けた貫通部です。

コンクリートの中に埋め込まれたボイド管を撤去すると、丸い穴がくり抜かれたようになります。

基礎上面と重なる土台下面には、土台固定前に防蟻防腐剤を塗布します。

この防蟻防腐剤は体にやさしいホウ酸系のため安心です。

手前の太いボルトがホールダウン用のアンカーボルトです。

このボルトには、引き抜き力がかかるため、土台を固定するアンカーボルトよりも太く、基礎の中に長く埋設されております。

基礎天端には、片面粘着の気密パッキンを貼り付けして、基礎と土台の隙間をシャットアウト。

高気密仕様のため、わずかなすき間も見逃しません。

次回は、建て方・上棟編です。

 

部屋間の温度差が少なく、体にやさしい家づくりなら、鎌ケ谷のハルクにご相談ください!

 

 

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 上棟餅まきの際に使用する紅白餅

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP