換気工事と気密測定。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

松戸市松飛台のA様邸、24時間換気工事、外装下地、気密測定編。

 

24時間換気は第一種計画換気の全熱交換型を採用しており、

交換率90%の高性能タイプのため、環境にも光熱費にもやさしいです。

下は天井裏に換気扇本体を取付けた写真で、被覆しているダクトが外気とつながるダクトになります。

1階天井裏、分岐チャンバーを設け、各所にダクト配管を行うます。

2階天井裏、1階同様分岐チャンバーを設けダクト配管。

銀色のものが硬質ウレタン製の小屋断熱材で、ここが断熱と気密のラインになります。

外装下地検査前に外壁貫通部処理を行います。

写真は、バルコニー排水口の貫通部を防水処理した後です。

瑕疵担保保険の検査員による外装下地検査中。

防水紙の重ね寸法や貫通部の処理などをくまなく検査します。

内部では、フローリング施工が始まりました。

床材は15㎜厚のホワイトオーク材、個人的にも好みのテイストです。

気密測定の当日を迎えました。

この日は、今までの成果が問われる検査日です。

気密の測定時間は数分間ですが、この数分間の何とも言えない空気感が好きなんです。

測定結果は弊社基準値を大きく上回るC値となり、ほっとひと安心!

次回は構造内覧会編です。

 

高耐震・高断熱・高気密の家づくりなら、鎌ケ谷のハルクまでご相談ください!

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 上棟餅まきの際に使用する紅白餅

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP