ガンメタ色ガルバの家、外装下地検査行いました。

鎌ケ谷で自然素材で体にやさしい家づくりハルクです。

 

鎌ケ谷で高性能住宅へお建て替えの家、現場実況ブログです。

今回は、屋根工事、外装下地検査編です。

前回の現場実況ブログはこちら

 

Y様邸、屋根仕上げ葺き施工しました。

ガルバリウム鋼板たてハゼ葺き仕上げ、ダークグレー色です。

軒先もすっきりとした表情でシャープさが引き立っています。

鼻隠しもガルバリウム鋼板仕上げとなります。

外壁パネルの上に、石膏ボード、透湿防水シートの順で貼りこみます。

残りの南面を透湿防水シートを貼りこんだら、外装下地検査前の工程は完了です。

透湿防水シート貼り後、換気屋さんと電気屋さんによる外壁の貫通部処理を行います。

計画換気システムの給気・排気、キッチン同時給排気型換気扇の給気・排気、

各エアコンスリーブの貫通部処理などです。

写真はエアコンスリーブの貫通部処理を行っているところです。

本日、瑕疵担保保険の検査員による外装下地検査を行いました。

サッシ廻りや貫通部の防水処理確認、透湿防水シートの重なり幅の確認など、

検査開始予定時間よりも早く来られて、たっぷり確認して頂きました。

検査も完了しましたので、順次外装を仕上げていきます。

外装はガルバリウム鋼板のガンメタ色仕上げです。

 

次回は、計画換気システム工事、気密測定などをお伝えする予定です。

 

鎌ケ谷・船橋で最高等級3の耐震性と高断熱・高気密により冬暖かい家を建てるなら、ハルクまでご相談ください。

 

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. ワークショップ「キッズキャンドル作り」
  2. 家づくり教室ハルク版

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP