外装下地検査と気密測定。

鎌ケ谷のZEH(ゼッチ)ビルダー、ハルクです。

 

鎌ケ谷で建築中の子育て世代&シンプルモダンの家、現場実況ブログです。

今回は、瑕疵担保保険の外装下地検査と気密測定編です。

前回の現場実況ブログはこちら

 

朝8時30分より、瑕疵担保保険の外装下地検査開始。

前日に事前検査を行い、満を持して望んだ検査は、あっという間に終わりました。

もちろん指摘事項などもなく検査完了です。

続いて、外装仕上げ工事の開始ですね。

10時頃からは気密測定の準備開始。

測定機材を搬入して、今回はキッチン小窓に機器をセットされました。

毎度の事ですが、測定結果が出るまでの時間はドキドキ・ウキウキ。

最近はウキウキ度合いが高く、本当のところは結果が待ち遠しいです。

気密測定では、建物の隙間面積を求めるのですが、単位はc㎡/㎡。

隙間面積はC値と呼ばれています。

このC値の値が小さいほど、すき間が少なく性能が高いという事です。

さて、気密測定に立ち会った人、誰もが結果が気になりますよね。

大工さんはリラックスして、結果発表までのカウントダウンを楽しんでいるようですが・・・。

じゃん!数値が出ました。

とても良い数値です!

すき間の大きさの合計は29c㎡で、5.4cm×5.4cm角の大きさ程度という事です。

合格の太鼓判を押してもらった気分です。

大工さんはじめ、電気屋さん、設備屋さんなど、携わった方々のおかげです。

ありがとうございます!

 

この高気密で高断熱の家を体感してみませんか?

こちらの建物はお施主様のご厚意により、

今週末の11月25日(土)・26日(日)構造内覧会を開催します。

当日は、気密性の高さを体感してもらえる用意がしてありますので、

エコで冬暖かい家をお望みの方は、是非とも体感してみてください。

 

気密性の高さを体感できる構造内覧会のご案内はこちら

 

鎌ケ谷・船橋で地震に強く、温度差が少ない冬暖かい家をお望みなら、ハルクまでご相談ください!

 

 

 

 

 

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 除草作業
  2. 子育て世代の暮らし方
  3. 洗面台取替前、作業中

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP