鎌ケ谷で高性能住宅へお建替えの家、立上りコンクリート打設。

鎌ケ谷のZEH(ゼッチ)ビルダー、ハルクです。

 

鎌ケ谷で高性能住宅へお建替えの家、現場実況ブログです。

今回は、立上り基礎枠、アンカーボルト固定、立上りコンクリート、レベラー編です。

前回のブログはこちら

 

耐圧コンクリート乾燥後、鋼製型枠材の搬入です。

鋼製枠の近くにある円盤状のものはスペーサーと呼ばれているものです。

これはドーナツ型タイプで、鉄筋に取り付けを行いコンクリートのかぶりを確保するために使用します。

型枠の建てこみ中です。

遣り方から糸を張って基礎のとおりを確認します。

土台と基礎を緊結するためにアンカーボルトを基礎の中に埋め込みます。

1階の床はネダレス仕様とよばれて、土台の上に構造用合板を直接取付けるため、

緊結されたアンカーボルトは土台上部から出す事は出来ません。

基礎に埋め込みされるアンカーボルトを1本1本高さを確認して、鉄筋に固定していきます。

立上りコンクリートの打設です。

鋼製枠の中にポンプ車でコンクリートを流し込んだ箇所からバイブレーターを使用します。

バイブレーターで振動を与えて、コンクリート中にある気泡の脱泡を行い、密なコンクリートに仕上がるようにします。

予定の高さまでコンクリートを打設したら、鏝で均していきます。

コンクリートの打設が完了し、コンクリート表面が締まったところで、

セルフレベリング材を基礎の天端から流し込みます。

セルフレベリング材を流し込んでいるところです。

セルフレベリング材により基礎の天端が平らに仕上がり、土台の精度も良くなります。

立上り基礎コンクリート施工編でした。

 

鎌ケ谷・船橋で地震に強く、高断熱・高気密で体にやさしい家をご検討なら、

ハルクまでご相談ください!

 

 

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 除草作業

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP