コルクタイルは見た目も歩行感も二重丸

市川市U様邸の第1期耐震補強工事完了しました。
2期は10月末から予定しております。
2期工事は吹抜けの水平構面の補強と外装関係。

1期工事は1階の床改修と耐力壁増設工事でした。
床の仕上材、下地材を全て取り除いてから、
新しい下地材の取付と仕上げ工事を行いました。

水廻り以外は全てコルク仕上貼り。
コルクは感触が良好で歩行感抜群の仕上げ材ですね。

床貼り職人さんの仕事が丁寧でお客様大喜び。
工事完了の確認に行った時、大変うれしいお言葉を頂戴しました!

今回のコルク材はこちらのロビンソンで施工しました。
専用ワックスを2回塗りしてコルクの保護もバッチリ!

続いて、採光型耐力壁のパンチくんの施工写真。
千葉県内ではまだまだ実績が少ないとか・・・
今回採用してみての感想としては、施工性はまぁまぁ、意匠性は二重丸なので、今後もおススメ製品の1つになりそうです。

鉄骨の螺旋階段との相性が良く、全く違和感がありません。柱や天井などは2期工事で塗装を行いますので、もっと見栄えは向上しますので楽しみです。違う角度から見ても違和感ありませんし、圧迫感もありません!

工事完了後、家具や荷物をもとに戻すところまでが私どもの仕事ですが、お客様がこのようにレイアウト図を作ってくれたため、戻し作業がスムーズに行うことが出来ました。ありがとうございます!

来週末は2期工事の打合せです。
水平構面の補強方法と吹抜け部の開口部の断熱補強など、打合せ事項は沢山あります。2期工事のほうがボリューム満載のため、段取りが重要です。

2期工事も関係者の皆さん、宜しくお願いします。

ハルクホームは耐震補強工事、断熱改修工事など高性能向上リフォームが得意です。地震対策が必要と感じる方、夏は暑くて冬は寒い家はもうこりごりと言う方、一度ご相談ください。
安心安全で快適になるご提案をさせて頂きます!

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP