採光型耐力壁で築37年の一戸建て住宅耐震補強中

築37年の一戸建て、耐震補強工事実況。

床の貼り替え工事と同時進行での耐震補強です。
床の下地ベニヤを貼り替えた後は、リビングダイニングは5mm厚のコルク貼り、水廻りはクッションフロアに仕上げます。

写真はユーティリティー室の床を解体中。

耐力壁設置箇所の天井を部分解体中。

今回の耐震補強は階段の吹き抜け部分の補強に耐力壁を2箇所設けます。
新規で柱を4本入れて、透光型耐力壁のパンチくんを採用しました。

今回は耐力壁を設置しましたが、秋には2期工事として、リビング部分の吹き抜けの水平構面の補強を行う予定です。

パンチくん設置後の写真は後ほど、ビフォーアフターでご紹介いたします!

先日、カンタン耐震リフォーム工法と称したアラテクトの技術講習会に参加してきました。既存の石膏ボード上に取り付けるだけで耐力壁になる優れものです。外壁部分の室内側には最適な耐震補強になると思いますが、今回のように間仕切に耐力壁を設置するには向かないですね。

耐震補強工事の前に、先ずは耐震診断を行うことをおススメいたします。
耐震診断をご希望の方は、
耐震診断士のいるハルクまでお声掛けください!!

 

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. ワークショップ「キッズキャンドル作り」
  2. 家づくり教室ハルク版

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP