職業別 ローンの考え方 歩合制・業績連動制の場合 | 株式会社ハルク

ハルクのブログや
ハルク通信

Blog/ハルク通信/イベント

職業別 ローンの考え方 歩合制・業績連動制の場合

業績連動型の給与システムであったり、歩合給制であったりと、毎月の金額はもちろん、年収ベースでも毎年変動が出る職業の場合、住宅ローンを考えるにあたり、慎重になるのは当たり前だと思います。
例えば先月手取りが40万だったのに、今月は30万という可能性だってあるわけですから、それはもちろん当然です。

【慎重になりすぎはNG】

何も考えずローンを組んでしまうのはどうかと思いますが、だからと言って毎月の収入が安定しないからと、あまりにも慎重になりすぎるのは、おすすめできません。
なぜなら、これは誰にでも言える事なのですが、「住宅ローンは慎重になりすぎたら組めない」ものなのです。
つまり、「住宅ローンが組めない=いつまでもマイホームは夢のまま」という事になってしまうのです。

【慎重になるより、シミュレーション!】

冷静に見ると、どんなに安定したお給料が頂ける会社に勤めていたって、会社が潰れてしまうかもしれません。
もしかしたら、病気になって働けなくなるかもしれません。
そう!毎月の手取り額が安定していないなんて、大した話ではないですし、毎月の収入が保証されていないのなんて、貴方だけの話ではありません。

だから、いろいろシミュレーションしましょう。
ここで注意したいのは、ネガティブ・シミュレーションではなく、ポジティブ・シミュレーションです!

例えば、収入が多かった月は、その多かった分を貯金しておく。
収入が少ない月が続き、住宅ローンの支払いが辛くなってきたら、その貯金から捻出する。
子どもが何歳になったら夫婦共働きをして、配偶者の稼ぎ分を住宅ローンに回すなど、リスクを乗り切る手段なんて、いろいろあります。
そのシミュレーションを元に、自分に合った住宅ローン商品を選んでいけば、失敗はしないと思いますよ。

ARCHIVE

アーカイブ

ハルクホーム なんかいいな!
と思ったら。

鎌ケ谷市のモデルハウスを見に行きたいのですがとお電話ください

モデルハウスのご予約はコチラから

0120869406

受付時間/9:00〜18:00

モデルハウス見学予約フォーム