冬だから、寒いのは当たり前は間違い

こんにちは、ハルクホームの佐々木です。

昨年末あたりから消費税増税の影響を感じる日々を送っています。

季節が冬という事もあるとは思いますが、
寒さ対策、いわゆる断熱工事を希望される方が多く感じられます。

高性能なサッシに取替える窓の全体改修や、
サッシの室内側に窓をもう一つ取付る内窓などが好評を得ています。

窓からの熱の損失は、冬場で約50%もあり、
窓を強化するだけでも効果絶大です。

室内の体感温度は、室温と壁などの表面温度を足して2で割った数値です。

断熱が弱い室内でいくらエアコンの設定温度を上げても暖かい熱が奪われて、頭寒足熱ならず、【頭熱足寒】となってしまいます。
断熱が弱い住まいは、不健康であると共に、
光熱費をも無駄使いする不経済な住まいです。

健康に良いとされる食材や飲み水にお金をかける事もありとは思いますが、
体にストレスを与えない住まいづくりも考えてみませんか?

船橋市で
性能向上リフォームやリノベーションなら
ハルクホームにご相談下さい。

pic20140209091842_1.jpg

pic20140209091842_2.jpg

関連記事

  1. 上棟式

施工事例

最近の記事

  1. 餅まき日和の天候でした♪
  2. 義援金
  3. お施主様からの声

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP