整理収納ADとして初めてのお客さん?ハルクホームスタッフブログ

鎌ヶ谷の工務店ハルクホームのえみさんです。

こんばんちは。

↑ 懐かしいですか?

確か、Dr.スランプアラレちゃんですよね?

えみさん、昔は(中学時代から)

今思えばデカい黒縁メガネをかけていたので

アラレちゃんと言われた事があります(笑)

あと、今は年とともにそうでもないですが、

声が可愛かったらしく(今では想像もつかない)

声優になれば?と言われていました。(どーでもいいですね^^;)

さて、先日、娘がやっと、汚部屋を何とかしようと腰をあげました。

高校入学するまではいつも綺麗だった娘の部屋。

今では息子を超えてます。

どっちが男の子の部屋だかわからないほど・・・

二人とも何かの拍子に急にスイッチが入るのですが、

前々から常に思っていたことが・・・

男の子の方が片付けが上手い?早い?

息子が片付けだすと、泥棒が入ってもわからないほどの汚部屋が

あっという間に綺麗になるんです。

クローゼットに詰め込んでるだけ?と思いきや、そうでもない。

何が違うのか、今落ち着いて考えてみると・・・

捨てっぷりが良い!

ゴミ袋をよく見てみると、怒らずにはいられない物が捨てられてる始末。

例えば、今シーズン買ったばかりの服とか!

今の子って物に困らずに育っているせいか、こういう事を平気でする。

と、腸が煮えくり返っていたえみさんですが、

片付けを本格的に学んでみると、怒る視点が違うことが判明。

まず、物と真剣に向き合う事の大切さを教えなくてはいけません。

いくら買ったばかりだからと言っても、着ない物をとっておく必要はないですね。

ではなぜ着ない服を買ったのか。

きっと息子は、『安かったから買った』とか

『とりあえず間に合わせで買った』とか、

『凄く値下げされていたから買った』とか言うと思います。

片付けで、捨てる事はとても大切です。原点です。

捨てなくては何も始まりません。

まずは捨てて片付けるスペースを作ることが大事なんですから。

しかし、買ったばかりの服を捨てるのは本当に心苦しい。。。

それを平気でできる息子の根本的な所を叩きなおさなければいけません。。。

これは我が家の問題ですので、帰ってじーっくり話そうと思います。

話は戻り、娘がやっと腰をあげたのは良いけど、

服が収納に納まらないから箪笥を買ってくれと平気で言い出しました。

そこで、新米整理収納アドバイザーのえみさんの血が騒ぎ!!

夜ご飯を作りながら大声で助言してました(笑)

娘も『こういうのはどうすればいいの?』と素直に聞きに来るようになり、

それに対し的確に答えていたら、その内、娘の母を見る目が尊敬の眼差しに・・・

『そう言えば!整理収納アドバイザーだったね!!』だって。

なんか・・・ちょっと自信つきました(笑)

先日、あるお客様ともちょっと片付けのお話になったのですが、

その時も、『捨て方を教えてもらってたの~』ってご家族に仰ってたのが聞こえて

なんだかとても嬉しくなったんです。

これは快感ですね!!

お客様の笑顔は本当に嬉しい!!

これからも精進いたします。

ぜひ『家づくり教室』へご参加くださいませ♪

関係ないですが・・・

↑ ↑ ↑ 昨夜、息子が作ってくれたポトフlovely

ガス代を気にしない息子が作ったポトフはメチャクチャ美味しかったです

野菜がトロトロに煮込まれ、それでいてジャガイモはしっかりしていたのでビックリ。

ウインナーに切れ目が入れてあるのにも驚きましたeye

ただ一つ不満は・・・おかわり出来なかったことsad

えみさんが作る時は大量で、絶対に翌日の朝食まで残る勢いなのに

(へたすれば2日間食べれる)

息子はギリギリしか作らないんだもんなー。。。

関連記事

施工事例

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP