屋根葺き替え、ハルクホーム@鎌ヶ谷リフォームセンター施工事例、鎌ヶ谷市T様 | 株式会社ハルク

ハルクのブログや
ハルク通信

Blog/ハルク通信/イベント

屋根葺き替え、ハルクホーム@鎌ヶ谷リフォームセンター施工事例、鎌ヶ谷市T様

こんばんは、
ハルクホーム@鎌ヶ谷リフォームセンターの佐々木ですpaper

本日は、『屋根葺き替え』工事施工事例です。
【鎌ヶ谷市T様邸】

『屋根瓦がずれているから点検して欲しい』と
ご依頼を頂きまして現況を診断致しましたup

【リフォーム前】

棟のずれはありましたが、平部の大きなずれは見受けられませんでした。瓦を何枚かをめくって防水紙(瓦の下にある部分)を確認したところ、下の写真のように、防水紙が縮んでしまっており、防水紙の下の板(野地板)が見えてしまっている状態でしたwobbly

このように屋根の下の状態が、黄色信号が灯っており、
めくった瓦を裏返して確認してみると・・・・
今度は、瓦の裏が湿っているではありませんかwobbly

瓦が湿っている理由は、瓦自体の防水性能が無くなっているという事です。陶器瓦でしたら、この様なことにはなりませんが、今回の瓦はセメント瓦だったため、この様なことになってしまいました。
防水機能だけを考えれば、セメント瓦の上に塗装をすれば良かったのですが、肝心の防水紙の状態が良くなかった事と、耐震性を考え、屋根の軽量化するために葺き替え(屋根を取り替える)をご提案しましたup

【リフォーム後】

上の写真は屋根工事完了写真ですが、
工事内容は、既存の瓦を撤去して、新しい板(野地板)を貼り、
その上に新しい防水紙を貼って、軽量の屋根で仕上げました

今回の工事で、
屋根の軽量化による地震対策
事前に雨漏りを防ぐ事ができました

鎌ヶ谷、船橋で耐震診断や耐震補強をお考えの方は、
耐震診断士のいるハルクホーム@鎌ヶ谷リフォームセンターへsign03

断熱リフォームキャンペーン中ですsign03
内窓インプラスをお得な価格で取付けたい方、
今すぐこちらをクリックして下さい!!

ARCHIVE

アーカイブ

ハルクホーム なんかいいな!
と思ったら。

鎌ケ谷市のモデルハウスを見に行きたいのですがとお電話ください

モデルハウスのご予約はコチラから

0120869406

受付時間/9:00〜18:00

モデルハウス見学予約フォーム