鎌ケ谷市認定低炭素住宅、基礎工事施工中

鎌ケ谷で高耐震・高断熱・高気密住宅を手がける工務店ハルクホームです。

鎌ケ谷市で建築中の認定低炭素住宅、来月の上棟に向かって進行中。

ハルクの家づくりは、ユニットハウスやプレハブなどのような工業化製品ではないので、

現場の職人さん1人1人の技術と心意気でつくりあげていきます。

そんな職人さんをクローズアップして実況ブログを綴りたいと思っております。

静止画だと伝わりづらいかと思うので、なるべく動画をアップしていきます。

 

今回の実況は、捨てコンクリート打設編。

捨てコンクリートとは、

地業工事後に、基礎や型枠の墨出しや型枠の受け台として設けるものです。

鉄筋とコンクリートの間に所定の厚みを確保するために捨てコンクリートは必要です。

砕石のままですと鉄筋の下に置くスペーサーブロックが安定しにくく、ブロックが砕石にもぐってしまう事があります。

 

捨てコンクリートと言う名の通り、このコンクリート自体は構造的に直接関わりはありませんが、

耐圧コンクリートの厚みを確保しやすくしたり、基礎コンクリートの通りを良くするための黒子です。

脇役ですが、いなくては困る名わき役と言ったところです。

 

それでは、捨てコンクリート打設の動画をどうぞ。

現場人(GENBABITO)カッコいいですね

 

鎌ケ谷市で耐震等級3+制震の認定低炭素住宅 捨てコンクリート編 実況ブログでした。

 

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 餅まき日和の天候でした♪
  2. 義援金
  3. お施主様からの声

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP