梅雨前に工程通りに進んでいます

梅雨に入る前に順調に進みたい。
船橋市松が丘で施工中の長期優良住宅の建物、基礎工事真っ只中。
暑い中、日除けもないから大変です。

 

昨日は瑕疵担保保険の配筋検査、女性検査員が図面と現場とを照合。
検査後は耐圧コンクリート打設のため、
ミキサー車とポンプ車がスタンバイ。

 

検査も終わりコンクリートの打設が始まりました。
作業が始まると『現場感』が出てくるから絵になりますね!

 

先に深基礎部分を回し打ちしてから一般の基礎を打設していきます。
今回のコンクリートは耐圧コンクリートと呼ばれる水平面の部分です。

 

この次の工程は基礎の立ち上がり型枠をたて、
その型枠にコンクリートを流します。

基礎工事が終わると土台~上棟とつながっていきます。
上棟日夕方には餅まきを行いますので、
ご近所の皆様楽しみにお待ち下さいね。

施工中状況はこちらで綴りますので覘いて見て下さい!

体にやさしい家づくり工務店ハルクホームは、
高気密・高断熱の高性能住宅をご提案しています。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK
  2. 夜の外観

最近の記事

  1. お施主様からの声
  2. I様からのサプライズ!
  3. 産業フェスティバル

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP