明日は上棟、天候は良好のようです

上棟の準備は整いました。
明日の朝を待つばかりの現場はこんな感じ。


上棟用にステージを組んで段取りしています。
ステージは上棟後は解体して通常作業の仮設足場に組み替えます。
上棟は建物が完成するまでの工程の中で、一番の醍醐味と言えるでしょう。柱を立てて通りごとに梁を架けてフレームをつくり、フレームとフレームを結ぶ梁を入れてを繰り返し、水平面を固めます。2階以上の建物の場合にはこれを繰り返します。

必要な部材を組み立てると建物のアウトラインが完成して材木だけの美しい姿が披露されます。仕上げていくと見えなくなってしまう材木です。一定期間しか見ることができない骨組み、何処となく桜みたいではありませんか?
そんな事を思うのは私だけでしょうか。

上棟待ちのお施主様、内装を残して仕様打合せ最終となりました。
夕方からどっぷりと時間をかけて、
玄関ドア、サッシ、建具、住器が決定しました。

建物コンセプトは『かわいらしさ』。
ワクワクするコンセプトですね。工事期間中も楽しさ爆発しそうです。

それでは。

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 地鎮祭祭壇
  2. 重要書類のご説明をさせていただきました
  3. 完成内覧会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP