船橋行田で高性能住宅建築中

『性能』×『愛着』の住まいづくり、

鎌ケ谷のハルクです。

 

船橋市行田で建築中の高性能住宅、現場実況です。

野地板が完了し、屋根下葺きを施工しました。

屋根仕上げはダークグレー色のガルバリウム鋼板タテヒラ葺き。

下の写真は換気棟を施工中です。

高性能パネル施工前には、制震テープを固定。

制震テープを施工する事により、繰り返しの地震に耐え、地震時の変形量を低減します。

高性能パネルを釘で75㎜ピッチで固定。

開口部にハイブリットサッシを固定。

サッシ取付後は、外壁に透湿防水シートを施工。

透湿防水シート施工後は通気胴縁を施工。

最高等級3の耐震性、高気密、高断熱で体にやさしい家づくりなら、

鎌ケ谷のハルクにご相談ください。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. ワークショップ「キッズキャンドル作り」
  2. 家づくり教室ハルク版

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP