気密測定を行いました。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

柏市手賀の杜で建築中のゼロエネルギー住宅、現場実況です。

前回の換気工事と外装下地検査編はこちら

 

今回は気密測定編となります。

この日は気密測定者から気密測定結果表という名の成績表が授与されるドキドキな日です。

数日前に気密チェックを行い当日を迎えましたが、

毎度のことながら測定中は不安と希望が入り混じった落ち着かない時間帯です。

 

気密処理の自信はありますが、結果が出るまでは落ち着かないです。

今回の総相当隙間面積は5.7㎝角となり、ハルクのC値基準より良い結果になりました!

ほっとひと段落を迎え、造作工事に突入出来ます。

気密測定の翌日、2階にUBが設置されました。

写真は1Fの土間から見上げたUBの裏側です。

玄関入ってすぐに、お施主様からのメッセージボード。

大工さんいわく、『ほのぼのします!』との事。

建物に携わる人みんな、ニコニコ楽しく仕事をさせて頂いおります。

次回は外装編をお伝えします。

 

高耐震・高気密・高断熱の『性能』とオリジナル造作で『愛着』の家づくりなら、

鎌ケ谷のハルクにご相談ください。

 

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. お客様からの直筆レビュー
  2. 「絶対見るべき!」と推奨する構造内覧会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP