手賀の杜のゼロエネルギー住宅、構造体検査完了です。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

柏市手賀の杜で建築中のゼロエネルギー住宅、現場実況です。

今回は、断熱施工~構造体検査編です。

前回の上棟日和の一日はこちら

 

上棟後翌日の小屋断熱施工。

硬質ウレタン製の厚み100㎜の断熱材を小屋梁に直固定。

この面が外皮となるため、しっかりと気密施工を行います。

続いては、耐力壁面となる箇所には制震テープを固定します。

高耐震と高断熱を兼ね備えたパネルの固定後、サッシを取付。

構造金物取付後は、瑕疵担保保険の検査員による構造体検査。

小屋の断熱材同様、壁面にも硬質ウレタン製の断熱材が入ります。

バルコニーでは、防水施工。

防水下地面を平滑にするためにケレン作業中です。

ケレン後はプライマーを塗布。

明かりが見える部分は横引きの排水ドレン。

FRP防水工事の完了です。

次回は、外壁の貫通部処理と外装下地検査編をお伝えします。

 

鎌ケ谷で『性能×愛着』の家づくりなら、ハルクまでご相談下さい。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK
  2. 夜の外観

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP