木工事と構造体検査。

鎌ケ谷で体にやさしい家づくり、ハルクです。

 

鎌ケ谷市富岡で建築中の家、現場実況です。

木工事も進み、建設住宅性能評価の構造体検査を受ける工程に入りました。

検査前日に、構造体や金物の取付状況の確認を行い、当日を迎えました。

 

写真は2階ホールから吹抜けを見下ろした写真です↓

1階リビングから吹抜けを見上げた写真です↓

検査員による構造体検査中↓

銀色の物は、2階天井裏となる小屋梁上部に固定した硬質ウレタン製の断熱材です。

銀色の金物は火打ち金物です。

火打ち金物は水平構面の耐力をとるために必要な構造金物です。

午後からのバルコニー防水に備え、防水下地となる床面を施工中です。

1階の床下と木部に防蟻剤を塗布中です。

防蟻剤はホウ酸系の体にやさしいものを使用しています。

次回は外装下地編を予定しています。

 

最高等級3の耐震性と制震性、健康と環境に良いゼロエネルギー住宅をご検討なら、

鎌ケ谷のハルクまでご相談ください!

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. ワークショップ「キッズキャンドル作り」
  2. 家づくり教室ハルク版

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP