木工事と外装工事編。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

松戸市で建築中の長期優良住宅+ゼロエネルギー住宅の家、木工事編です。

 

天井野縁や間仕切りの施工と共に電気配線工事が進んでおります。

中央部分に見えるグレーの管は、キッチン換気扇用のダクトです。高気密・高断熱仕様の建物のため、

同時給排気型の換気扇を採用し、給気用と排気用のダクト各1本が外部とつながります。

建物中央部に配置された階段は、踏板と蹴上の仕上げ残しの下地階段を設置して、上下階の連絡で役に立っています。

1階トイレ内のパイプスペース。

左から、給水管、給排気ダクト、排水管。2階の設備へ供給されます。

バルコニーを覆う大屋根の軒裏は羽目板施工。

羽目板は施工前に1本1本丁寧にチェスナット色を塗布しました。

玄関の庇裏もチェスナット色で塗布した羽目板を施工。

ブラック色の外壁と合性バッチリです。

完成した外観が気になる方は、1月19日(土)・20日(日)に開催予定の完成見学会にご来場ください。

詳しくはイベント情報にてお知らせします。

 

地震に強く、体にやさしい家づくりなら、鎌ケ谷のハルクまでご相談ください!

 

 

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. 上棟餅まきの際に使用する紅白餅

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP