暖かい家にお建て替えの家、高性能パネル施工編。

鎌ケ谷で自然素材と暮らす体にやさしい家づくりのハルクです。

 

鎌ケ谷で高性能住宅にお建て替えの家、現場実況ブログです。

前回の現場実況ブログはこちら

今回は高性能パネル施工編です。

 

部屋間の温度差が少なく、冬暖かい家には欠かせない断熱性と気密性。

この断熱性と気密性を兼ね備えた高性能パネルの施工次第で性能も体感も変わってきます。

下の写真は硬質ウレタン製の小屋断熱パネル取付後の様子です。

この銀色の断熱材が気密ラインとなり、見えなくなってしまう部分のため、丁寧な施工が必要となります。

2階パネル施工前の状況です。

パネル固定前には、繰り返しの地震に強い制震テープを躯体に取付けます。

2階パネルを施工中。

パネルには釘の打ち込み位置がわかるようにしるしがしてあり、しるし目がけて釘を打ち込みます。

1階のパネルを固定する前には、間柱や窓台、まぐさを施工しながら、

同時に気密処理も行い、隙間をシャットします。

下の写真は、土台や基礎廻りの気密処理を施工中。

建物の外部に面する面は細心の注意を払い処理を行います。

合間に、建材メーカーさんと階段の納まりの打ち合わせ。

こちらのY様邸は、タモの床材をご採用のため、階段の踏板もタモ材を施工します。

2階のパネル固定前と同様に、1階躯体面にも制震テープを施工。

こちらのY様邸、最高等級3の耐震性を有する長期優良住宅ですが、更に制震も付加しています。

高性能パネル施工編でした。

 

鎌ケ谷・船橋で地震に強く、自然素材を使って冬暖かい家づくりなら、ハルクまでご相談ください。

 

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP