船橋で建築中のダークブルーの家、ホワイトオーク施工。

鎌ケ谷のZEH(ゼッチ)ビルダー、ハルクです。

 

船橋で建築中のガルバの家、現場実況ブログです。

今回は、木工事編です。

前回の実況ブログはこちら

 

リビングでは、大工さんが床仕上げ中。

ホワイトオークという樹種の床材を1枚づつ丁寧に施工しています。

合板で出来ている床材と比べると大きさは約1/3、費やす手間は約3倍です。

2階の居室では、ホワイトオークの床張り完了後、

床養生を行い、石膏ボードの施工を行なっています。

壁の石膏ボードは床から天井まで1枚で張り込みます。

この石膏ボードも、そこそこの重量があるため、1階から2階への荷揚げ時は一苦労です。

外装では、ガルバリウム仕上げの外壁もまもなく完了。

サッシ上に取付けられたガルバリウムの庇が、すっきりシンプルでカッコ良いです。

メーカーさんにオーダーしていた屋外フードが現場納品されました。

早速梱包を開け、色を確認。

バッチリですね。

ファサード面に取付けられても問題ない色合いですが、

今回は裏側となる北面に取付られます。

裏側といえども、見えないところにもお洒落感は大切ですよね!

木工事編でした。

それでは。

 

鎌ケ谷・船橋で繰り返しの地震にも強く、温度差の少ない体にやさしい家を建てるなら、ハルクまでご相談ください!

 

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 除草作業
  2. 子育て世代の暮らし方

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP