水まわりのリフォーム現場をご紹介致します。

ハルクのブログや
ハルク通信

Blog/ハルク通信/イベント

水まわり、いつまでも綺麗なホーローリフォーム 工事編

本日ご紹介は、水まわりのリフォーム現場をご紹介致します。
お客様との出会いは、ふらっと弊社に寄って頂いたのが出会いでした。
ご自宅もお近くで、ふらっと立ち寄り、ご相談して頂ける事が嬉しいです(^^)
地域密着でお仕事をさせて頂いておりますのでなおさらです。
お家のご相談等は是非ふらっとお立ち寄りお待ちしております。

それでは工事前から
 
まずは洗面所です。
収納スペースが少なく、棚を置く事で収納は出来ますが、表に出てしまっている状況でした。
お客様から収納棚が付いている幅広の洗面台を入れたいとご要望があり、現状のままですと洗濯機、コンセントが絡み入らないので、洗濯機、コンセントの位置を窓側にずらし収める提案で工事させて頂きました。

 
続きましてお風呂です。
お風呂は長年ご愛用され、水垢、汚れが落ちにくくなってしまっている状況でした。
今回タカラのホーロー商品を入れさせて頂いたのですが、そんなお悩みも解消出来る商品なので、いつまでも美しい浴室を使って頂けるかと思います。

 
トイレはウォシュレットが壊れてしまい、リフォーム致しました。
リフォーム前はフローリングでしたが、付け替えるのと同時にクッションフロア工事も入らせて頂いております。

それでは工事中をご紹介致します。
 
まずは解体工事です。ユニットバス、洗面台と解体をしていきます。
その後洗面所給排水の切り回し、浴室給排水の切り回しをして、指定の位置迄配管を持っていく作業です。

 
電気工事では浴室に使う電気の配線、洗面台照明の取り出し、洗濯機コンセントの移動をして頂いております。

 
ユニットバス組立工事です。
解体したスペースに新たにユニットバスを組み立てる作業です。
今回土間とユニット架台の間にブロックを使用し嵩上げしております。
土間が土のままだったりすると、ブロックも使用できないので、土間コンクリートの打ち直しだったり、吊り架台での対応となります。
ユニットバスが組みあがりましたら、出入り口の枠、壁の復旧作業です。
 

その後クロス、クッションフロアを貼り換え、洗面台の取付工事で完了です。
トイレは同時進行で取り外した後、クッションフロアを施工して頂き、新しいトイレを取り付ける工事で完了です。
本日は工事編をUPしました。
来週はBeforeAfter編をご紹介予定です。

ARCHIVE

アーカイブ

ハルクホーム なんかいいな!
と思ったら。

鎌ケ谷市のモデルハウスを見に行きたいのですがとお電話ください

モデルハウスのご予約はコチラから

0120869406

受付時間/9:00〜18:00

モデルハウス見学予約フォーム