冬に暖かい家に住むために必要な事

冬に暖かい家に住みたいですか?
それとも冬は寒くて当たり前と思って、室内なのに着込んでモコモコになりたいですか?

冬に暖かい家に住みたいと思っている方はこの先お読み下さい。

家を持つと言う事は、社会的信用もありますが一番は我が城を持てると言う事です。我が城は自分たちのものですから社会的、道徳的に迷惑をかけなければ基本的には何をやっても自由だと思います。

家という存在する事になる物に様々な想い、希望、夢を実現に向けてチャレンジしていきますよね。でも、全てを実現させるためにはかなりの予算を必要とする事になります。

予算が余りあるほどある方は気にする必要はありませんが、一般的には優先順位を決めたりする事が多いかと思われます。

家が欲しい!と思ったのは、どんな時にそう思ったのですか?
例えば、友達を家に誘ってパーティなどしたいけど、家中物に溢れて恥ずかしくて呼べない、とか。押入れがカビ臭いし、収納力ないから整理し難い。

以前、増築したところから雨漏りしているし、もとの家も古くなった事だし、全体的に手を入れてリノベーションか建て替えしようかな、とか。

若いうちは冬の寒さも耐えられたけど、歳を重ねる毎に居間からトイレに行くのが億劫になってきた。足もとも冷えるし、足もとの段差も気になってきた。

この様に家づくりのきっかけは様々だと思います。しかし、きっかけは様々ですが共通点があります。それは、「快適性の向上」です。

家に求めるものは「快適性の向上」が最優先事項ですよね。誰でも実現したい事は山ほどありますが、予算は遵守しなくてはいけません。無理な資金計画をした事で、折角手に入れた家を手放す事態になってはならない事です。

大きく分けて家の要素として、デザイン、大きさ、性能で分ける事が出来るのではないかと思います。先ほどの「快適性」はこの3つのうちのどれに当たるでしょうか?
そうですよね。性能です。家の性能如何によって、快適性は左右されます。

冬に暖かい家に住みたい方は、予算のウエイトがデザイン、大きさ、性能の中で迷ったら性能にこだわって下さい。そうすれば、冬に限らずに夏も快適な生活を送る事が出来ます。

家に本物の快適性を求める方は、ハルクホームにご相談して下さい。
快適になる家づくりの相談をしたい、とお電話を下さい。住まいが快適になる道案内をさせていただきます。

是非イベント情報も見てください!

随時、快適な家になるミニセミナー開催中!

pic20150130173053_1.jpg

関連記事

  1. ご来場頂きありがとうございました!

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. ワークショップ「キッズキャンドル作り」
  2. 家づくり教室ハルク版

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP