高性能建材を使った断熱向上リフォームで補助金150万円

ハルクホーム@鎌ケ谷リフォームセンターです。
リフォームの優遇制度をお知らせしますね。優遇制度のキーワードは主に省エネ関係、耐震関係、バリアフリー関係があります。
またそれらを合わせた総合的な優遇制度もありますが、現状回復工事などの修繕工事は優遇制度の対象外のようです。

補助は上限150万円、補助対象の1/3以内!

今回はその中でも私の注目度の高い『既築住宅における高性能建材導入促進事業』という制度のお話をします。
民生部門のいっそうの省エネを図るため、既築の戸建住宅・集合住宅への、現行の省エネ基準を上回る断熱性能を実現する断熱材や窓(高性能建材)の導入を支援する制度です。

二次募集は8月上旬に予定されています!

住宅の所有者を対象として、一般社団法人環境共創イニシアチブに登録された建材を使用する事が条件で、あらかじめ決められた改修部位の組み合わせに指定の断熱材や窓を使用すれば補助の対象となります。

戸建て住宅の対象となる改修は
住宅全体またはLDKを含む居室の改修

全体改修と部分改修のいずれも天井、外壁、床、窓の2~4部位の組み合わせで改修する必要があります。
マンションの場合、個人の方が申請者の場合には、内窓の設置だけでも補助の対象となります。

断熱性能向上リフォームやリノベーション工事に最適の優遇制度

外壁の断熱や窓の断熱をご検討されているのなら、この機会に優遇制度を活用した方が良いですよ。詳しい説明をご希望の方はご来店頂きますか、私どもが出張してお話をさせて頂きます。
こちらからお申し込みください!

ハルクホーム@鎌ケ谷リフォームセンターは見た目だけきれいにするリフォームではなく、家の性能を向上させるリフォームをご提案する地元密着の工務店です。

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 構造内覧会開催しました!
  2. 上棟餅まき

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP