鎌ケ谷で注文住宅の家、定期点検。

鎌ケ谷で体にやさしい家づくり工務店ハルクです。

 

先日、鎌ケ谷で注文住宅を建てて頂きましたI様邸へ定期点検の訪問に伺いました。

訪問した時は、お掃除の後だったらしくサッシ全開の状態。

室内が暖かったため、シャッターの点検をするまで全く気づきませんでした。

シャッターの調子が思わしくない、との事で点検しようとしたら、窓が開いているではありませんか。

冬場は日当たりが良いと最高ですね。

掃き出しのシャッターのすべりが悪くなってしまったので、

シャッターが動くレール部分に潤滑剤を施しさせて頂き、問題解決。

スームーズに上下するようになりました。

ロフト上部に設置された窓は、夏場には排気として、冬場は明り取りとして、大活躍しています。

窓の配置計画によって、自然の取入方が変り、生活も変ってきます。

外観のデザイン重視にしてしまうと、室内で本当に必要なところにはなく、

機能的には無駄なお飾りとなってしまう可能性がありますので、要注意です。

定期点検のレポでした。

 

鎌ケ谷・船橋で足元が寒くない暖かい家を建てるなら、ハルクまでご相談ください!

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. ワークショップ「キッズキャンドル作り」
  2. 家づくり教室ハルク版

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP