家の寿命って本当は何年?

工事中内覧会でご来場された方との会話で。

『今、60歳だから住んでいる家はあと20年くらい持てば良いんだけど』
20年の根拠は、自分の寿命という事。
家の寿命と人の寿命、どっちがどうのとは言い難い。


【写真はスケルトン工事施工写真】

家づくりを生業としている私としては、
頭でっかちなためか20年というワードが理解に苦しむ(笑)
確かに、人の平均寿命は80年くらいだけど、
家の平均寿命の方はどうだろう?

家の平均寿命は30年程度と言われてきました。
これでは、住宅ローンを返済する前に家がガタがきてしまうという事です。
何が寿命のバロメーターになるのでしょうか?
これは、家に対する価値観が人によって異なりますので難しいですよね。


【写真は漆喰施工中写真】

新築の内覧会では、『新しいっていいよねぇ』という言葉を耳にすることが多いですが、果たして良いのでしょうか?
私はそうとは思いません。
当時の腕の良い職人さんがつくった和室や化粧仕上げなどは、もう見る事さえ出来ない物もあります。

家というこものは、年数が経てば経つほど、住み手の想いとつくり手の想いが多く積み重なっていくと思っております。
その想いを次世代の方が受け継ぐって素敵ではありませんか?

だから20年、と聞いてもピンとこないですね。
リフォームをして20年で寿命?がくる家より、リフォームをしたことにより資産価値があがって正当な評価で売れる家を残して頂きたいです。
もちろん、それには費用が関わってくることですから理想だけでは難しいのは承知しております。

資産価値のある家とは?客観的に誰もがそう判断できる家でなくてはなりませんよね。高価な装飾品で飾られた家ではなく、家の本質である、安全で健康的な住まいが出来る家だと思います。

具体的には長期優良住宅のような第三者機関によって評価された家で、構造・断熱などが一定水準以上の性能を有する家です。これからは建売住宅のようにコスト重視をして負の遺産を残すような家づくりではなく、国策にそった高性能な家をつくり、海外の様に古くなっても流通される価値のある家が建築されるのが望ましいですよね。

これからリフォームをお考えの方は、見栄えを重視するよりも住まい心地を重視して体にやさしい家になるように心がけて頂きたいです。そうすれば必然的に健康寿命が長くなる家になるかと思います。
どうすれば健康寿命が長くなる家になるかを知りたい方は、ハルクまでご相談くださいね。

6月の健康対策イベント
【水素水体験会】
日時:6月13日(土) 13:30~16:00
場所:株式会社ハルク
お申込はこちら

【健康の家づくりセミナー】
日時:6月14日(日) 14:00~16:20
場所:三井ガーデンホテル千葉
お申込はこちら

【暮らしから始める健康セミナーIN鎌ケ谷】
日時:6月17日(水) 14:00~16:00(受付13:30)
場所:新鎌ヶ谷Fタワー10階
お申込はこちら

 

関連記事

  1. BOXアレンジ

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 地鎮祭祭壇
  2. 重要書類のご説明をさせていただきました
  3. 完成内覧会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP